★★十八歳で成長が止まった釣り我喜親爺日誌(不定期)★★

tsurigaki.exblog.jp ブログトップ | ログイン

再交渉は現物で・・・

今日先日のボーナス不足分40を獲得する為再び敦賀の名子の会場へ交渉に行って来ました。
会場は経費節減で暖房も無く冷え切って、老体には可也厳しい部屋「筏」でしたが、不足分の40を確保する為には少し位寒くても・・・

今朝5時半家を出て会議場へ着いたのが6時半過ぎ、途中飯の浦辺りで何か忘れ物をした様な気がしたので積荷を辿ると、釣った魚を入れるスカリを積み忘れた事に気がつく、一旦引き返して取りに帰ろうかと思ったが往復で30キロ近いのでヤメ、

渡船屋に到着すると既に先客が待ってたので急いで渡船に荷物を積み込み筏に上がったのは日も高くなった七時前、先客の隣に釣座を設けて実釣したのが七時頃・・先日はエサ取りも来なかったが今日は投げ込みと同時に付けエサが蒸発

コリャ~ダメだと少し離れた処へ移動・・最初はエサが残ったが暫くするとマタ・・・と言う訳で三度目の移動・・先日の場所近くで本格的に釣り始めたのは九時前、完全に時合いが過ぎて居るがエサが残ればクルカモと・・・結局11時頃までナンニモ・・・

昼前短竿にアタリが・・独特の動きで姿を現したのは目にも鮮やかな黄金色の26センチのアイナメ、其れはコレ
e0023183_20214078.jpg
その後昼前には竿が物凄くスローでジワジワと入り合わせるが全て空振り・・ドウヤラ敵はお魚では無くてイカの様なのでトコトン合わせを遅らしてもダメ・・
何度目かに引かかって上がったのは結構な紋甲イカ、

昼前頃にゴロゴロ空が吠え出しポツリポツリと・・結局1時半寒い雨に促されて撤収・・・追加ボーナスは現物支給の黄金のアイナメで渋々妥結して尻尾を巻いて・・・敵は予想以上に手強くて・・・此の貧弱な現物で交渉は妥結と言うより、御時世の状況では・・・マツ!!何も貰えなくても・・オヤスミヤス
# by tsurigaki | 2009-12-14 20:21 | 釣行記

又増殖しました

昨日は雨で釣にも行けず番屋で引き篭もり先日来の獲物の整理・・冷蔵庫には未だチンタが居ついているので何とか処分を考えたが中々・・・差し上げる所は一通りさし上げたので見返りの白菜、大根、などの野菜がイッパイ・・又果物も・・・何とかしなければと思案して・・・

以前からTVのコマーシャルで盛んに流していた、真空パック器でお魚だけでも新鮮な侭、保存する事が出来ないかと思い、早速近所のホームセンターへ行き買って来ましたパック器を・・・、二回分の釣行資金をつぎ込んで持ち帰ったのは・・其れは此れです。
e0023183_9452428.jpg

何時もエサを買う川魚屋で見る本格的な代物と違ってまるで玩具の様な物なので此れで出来るのかと少し不安・・

早速チンタを試して見ると・・一度ペシャンコに成った品物がスゥ~~と音と共に又元通りに・・ソンナ筈ではと何度もトライするが結果は同じなので、又お店へ・・店員が試しても矢張りダメなので又新しい物と交換して試すと・・OK・・・家に戻り

チンタを入れて試すと今度は巧く出来た、此れが其れです。
e0023183_1015548.jpg

次は先日のスズキのお頭を・・
e0023183_1032971.jpg

次は柚子を
e0023183_1041753.jpg
面白い様にペッシャンコに成るが果たして結果は、数日後に味見をと思って居るが・・・
婆さんが又調理台が狭くなったと、ブツブツ・・・300リットルの冷凍庫は釣りエサで満杯・・・人間も真空パックして冷凍保存して何年か後に解凍すれば元通りにナンテ・・・今日も寒雨で全ての動きが停止・・暖かい布団パックに身を投げ入れて・・一休み・・オヤスミヤス
# by tsurigaki | 2009-12-12 09:51 | 男の料理

出たッ!!ボーナスが・・

デモあと40欲しかった・・・
今日は週間予報では雨だったが、昨日の夜の予報では晴れに変わっていたので、急遽釣りに行くことにした。

行き先の選定は船釣で大鯛が沢山釣れている、沓の船で鯛釣りと思ったが、エビ撒き釣りに拘っている我喜には姉御以外に浮気する事は出来ず、隣の名子の筏で竿を出す。
名子では最近チヌ釣の人に姉御「スズキ」が釣れていたので、

若しかしての思いで五時半家を出て渡船屋に到着したのが6時半、名子の筏は三ヶ月振り・・髭の親父に挨拶して筏に上がったのは七時前・・・当然上がったのは私一人・・何時もの段取りでダップリ撒き餌してチョイ投げ竿から順番に仕掛けを投入・・

今日の釣行は半ば賭けの心算だったので、来ればヨシ、来なくて当たり前と思っていても釣り始めると何時もの様に・・するとチョイ投げ竿が直ぐ大きくお辞儀した・・ウン!!来る筈が無いと思って居が竿がお辞儀すると、反射的に手が・・・

バシ!!っと・・大きく煽ると、ゴンと・・・巻き始めるが余り手応えが・・数回巻いた所で急に走り出してスプールの糸が出る・・・久し振りの逆転・・

相当糸が出て姉御は立ち止まったので透かさず巻くと・・又・・数回繰返して水面近く成った時最後の激しい抵抗・・全てをクリヤーして浮いて来たのは、デカイ姉御・・ユラ~~と動きも鈍くなり無事タモに収まったのは・・コレです
e0023183_2031419.jpg

丸々太った姉御・・此のスズキは女の子で既にお腹には世継ぎがギッシリ詰まっていた、家に戻りお腹の子を取り出した時、何だか・・・チョツピリおセンチに・・・

この調子で゜行けば今日は数匹はイケルと思ったが、中々思う様には・・・結局半日粘ってコレ一匹でした、久し振りの強い遣り取りを味わって血が沸騰しただけでも041.gif今年最後?の獲物に成るカモ・・後40ブラスして70なら最高のボーナスだったのに・・・

ボーナスも出ない所も有るので此れでも・・ヨシと・・久し振りの強い引きを味わって、血が騒ぎ寒さも忘れる釣行でした。                                           オヤスミヤス
# by tsurigaki | 2009-12-10 20:25 | 釣行記

今シーズン終了

一週間振りに天気が回復したので、釣行先を色々迷った挙句、今日も仏谷の萩の下で竿を出す事にした。
尤も渡船屋のポイントカードが満杯になり、来シーズンに使う心算で居たが、待ちきれず結局・・・

今シーズンのタルイカをチャンスが有ればと伺っていたが、各釣り船の釣果イマイチなのだが、先日来の荒天で、今夜辺りは若しかしてと迷ったが、去年の苦い思い出が掠めたのでヤメ・・又最近敦賀半島の先端の立石岬沖で良型の真鯛が良く釣れているので一度行きたいと思っていたが、若しかして今度の荒天でハズレるかも知れないので此れも・・・

結局無難な所で釣ることにしたが結果は予想より悪くスズキの気配すら無くて・・・此の程度の釣果でした。
e0023183_23591549.jpg

敦賀立石沖では今日も78センチの大鯛が上がっている、今夜のタルイカも若しかして大漁かも・・・

無料のカードに惑わされて走ったのが失敗の原因、タダで良い思いをナンテ浅ましい考えが、この結果を招いたと反省・・・後悔先に・・・併し今日も30センチ近い大きなショウサイフグが釣れたので又明日の夜はテッチリとテッサで・・
今夜のアジ刺はまるで漬物の様にガリガリとした歯切れ・・

背の青い魚は一晩寝かせると美味しくなるとか、我喜も一晩寝かせて・・・オヤスミヤス

オマケ   今は蘇洞門周りの荒磯でスズキが好く釣れている、落ちモードに突入したのかも??
# by tsurigaki | 2009-12-08 23:59 | 釣行記

マイッタ!!

必殺、仕分け人の手なら振り切ってでも走れるが、大陸育ちの鉛の壁に阻まれると、流石の我喜も大人しく番屋に引き篭もり、リールの手入れも終わり竿もピカピカに磨き出動体制が完了したが、肝心のお天気が回復せず番屋で待機する・・・待機も五日目に突入・・、

今日も朝から何度も予報を見るが、気圧配置は相変わらず西高東低の縦縞模様で目指す日本海には筋雲が流れ込み明日もダメ、せめて丘の景気でも良ければネオンの海で憂さ晴らしも出来るのだが、丘は日本海より冷え込んで・・・寒くて堪らず結局番屋で膝を抱えて・・・

せめて何か面白い番組でもとTVのSWをON ・・見知らぬ女性タレンの顔が画面イッパイにUP・・此の人誰かと婆さんに尋ねると、「ボケたのか」よく出ているOOさんだと言う・・どう見てもOOさんとは別人に見えるので顔の造りが違うと・・

婆さんは最近此のタレントはリニューアル工事をしたからだと言う・・最近の女性タレントは化けるのでは無くて狸が狐に進化するからややこしい「ダーウィンも真っ青・・兎に角TVの裏側は雌雄の区別もつかないタレントや、お化け屋敷そのもの、尤も怖いもの見たさでを狙っている作り手の狙いに・・・

結局今日も番屋で・・オヤスミヤス
# by tsurigaki | 2009-12-06 10:01 | ボヤキ

エビ撒きの効果

今日も朝からポカポカ陽気の小春日和、仕事も無く又竿を担いで行きたい処だが、我が家の仕分け人「蓮坊より五月蝿いオナゴ」が予算をバッサリ・・・と云うわけで、昨日釣行の後始末で釣具の洗濯・・・天気は風も無くポカポカ・・今頃アソコで竿をと思い乍、釣具の手入れや雑用を終えた午後は

昼飯食ってグワッッ!!三時過ぎ目が覚めると今夜の肴の事が・・、昨日のフグの身を一尾分残していたので今夜はテツサでと思い井戸端の魚用のまな板を取りに出るとノラが物欲しげにニヤ~~~、昨日の小さなセイゴを切り刻んで与えて我喜のエサつくりに取り掛かる。

昨夜フグの身は面倒なので2ミリ程の厚さに削ぎ切りにしてシャブシャブで・・婆さんは其の侭醤油を付けて食べるとまるでゴムの様だと・・・鍋に入れて色が変わった所で食べると「美味しく成った」と云い、何故お湯に晒すと変わるのか不思議だと言いながら殆ど食べられたので

今夜のテッサは独り占めナンテ思いつつテッサに挑戦・・店で食べると皿の柄まで見える薄さに造ってあるので私もと・・・併し自分で造ると思う様に出来ずグチャグチャの切り落としの様な仕上り・・薄く切るとバラバラになり、アノ菊の花弁の様に成らないが、何とかテッサが出来上がった。

其れはコレ
e0023183_23154830.jpg

味は言うまでも無くサイコーで安物の焼酎もサイコーに、程よくまわったのでエビ撒き釣を省みる・・
何故毎年お盆が過ぎると大物が釣れないのか?

十年以上撒き続けて解かった事は・・・「エビで鯛を釣る」と言われる通り、エビは全ての魚の大好物、お盆を過ぎた頃には春に生まれた雑魚がワンサカ・・折角撒いたエビも目的の魚には届かず撒いた瞬間に蒸発・・
と、言う訳で、雑魚が食べられないルァーや活きた魚のエサに軍配が・・

ノマセやルァーは魚を寄せる事は出来ないので雑魚と本命と分ける方法を考え無くては・・グレ釣の様に足元へ雑魚を寄せ、遠投で本命を何か良い方法は・・・・・ソウダ・・姉御「スズキ」の好物には雑魚もある、゜雑魚を集めれば姉御も来るはず、高価な活きエビより、アミエビを撒いて雑魚を・・ナンテ巧く行くカナ??

又一つ宿題が増えた・・一度試して・・・大きなスズキが一匹・・二匹、三匹・・・・オヤスミヤス

怖いフグを食べたので今度は鴨が怖く成ってきた・・お後がよろしい様で・・
# by tsurigaki | 2009-12-03 00:05 | 釣談義

チンタはもう結構です。

昨日はポカポカの小春日和に誘われて竿を担いで又小浜へ・・先日の萩の下はチンタばかりだったので、陽気に誘われた大物が浅場でクルカモ?と思い少し離れたホームグランドの甲ゲ崎、釣り船桟橋で竿を出す事にした。

早朝の桟橋には既に釣り人が二、三人居たが釣り船が7時に出航すると、桟橋には我喜一人・・気温は4度で無風、海面は鏡状態で物音一つ無い静けさ・・浮きは活きエビの動きも捕らえる程でヘラ釣なら反射的にあわす程です。

撒き餌して30分程経った頃鏡の中に浮きが消えた・・反射的に竿に手が伸びてビュン!!と大きく煽るとゴン!!と手に応えて、ヒラヒラと姿を見せたのはチヌの幼魚のチンタ・・

マッ!此れでも洗いにとスカリに入れてドボン・・・二度目も・・三度目も・・若しかして其の内大物が来るかもの思いでセッセと・・併し釣れて来るのは小さなセイゴとチンタばかり・・気まぐれな大物が来る筈と・・昼に成るが同じ事・・午後1時エサが無くなり終わろうと思うが、其れでも浮きが入るので・最後にデカイヤツがと・・結局二時まで粘ったが、ダメだった。

今日の釣果は此れです、途中エサ屋で10匹脱走しました、並べるのも面倒で・・ドサッ!!
e0023183_2193559.jpg

5尾イコカーの彼に割り当てで・・・ドラも鱈腹食べてジット並んで見学か?監督か?して居るが魚には見向きも・・

ショウサイフグ二尾は専門家で・・今夜もフグ鍋で・・白子付きのチリは結構なお味でした。041.gif
お湯割を煽ると何時もの様に・・オヤスミヤス
# by tsurigaki | 2009-12-02 02:33 | 釣果

エビはモウ結構です、

今日「29日、日曜日」小浜の仏谷、萩の下筏を連続攻撃をかけましたが、敵は蛻の殻でした。
26日木曜日に私が上がった萩の下の筏へ何時も一緒するイコカーの相棒が翌、金曜日に上がりスズキクラスを二尾ばらしたので、其れではと天候の回復を待って今日も同じ筏を攻撃しました。

金曜日に彼は中アジを20匹程釣ったので、朝一はアジ狙いでサビキ釣をしましたが、アジはサッパリで、今日アカンと一瞬思ったので直ぐエビ撒きに切り替えて見ると、

一投目から浮きが綺麗に入って27センチのチンタをゲット・・その後立て続けに四匹釣れたのて゛此の調子で行けば今日は2~30枚はいけると思った途端、サッパリ・・午前中ポツリポツリとチンタばかりで本命は気配すら無い侭・・午後二時の船で退散・・船頭に今日サッパリヤナァ~と言われて、重い足取りで家路に・・

今日の釣果です。
e0023183_0242465.jpg
帰りの道は日曜なので下手なドライバーがノロノロと走るのでイライラ・・午後4時家に到着するとノラが二匹待っていたのでタナゴとサゴシを裁いて与えると、何時も綺麗に食べるノラでも少し残して立ち去った・・我喜はチンタ二尾アライとあら汁で涙の乾杯でした。オヤスミヤス

柳の下にはドジョウは何時も居るとは限らないから・・・デモ時々居たりして・・コレが又面白い・・今度は何処で勝負を・・・只今考え中・・・
# by tsurigaki | 2009-11-30 00:39 | 釣行記

モウ5ミリ欲かった。

今日はポカポカの小春日和に誘われて、小浜の仏谷・萩の下筏を攻略しました。
予報では朝から快晴だったので、雨具を持たずに出かけたが県境の寒風トンネルを抜けると道路は濡れていたので、若しかして時雨?と思いつつ六時前渡船屋に到着・・

途中フロントガラスも濡れずに来たので、其の侭6時過ぎ筏へ・・朝一はエサの小アジ狙いで竿を出すと1投目から25cmの中アジが釣れるが、エサには大きすぎが刺身に出来るとゲット・・其の内小さい小アジが来るだろうと思うが全て同じサイズ・・其の頃時雨が・・ザッッッと降ったらと思う間もなく・・一安心

此のアジが二三拾匹釣れればと思った途端30分程で止まって仕舞った、此の筏は何故か?何時も朝一、少しの間しか釣れないので、アジは諦めスズキ狙いで何時もの様に活きエビをタップリ撒いて釣開始・・相変わらず朝は潮が飛ぶように走るので何も来ない・・

九時頃に成れば流れもおさまるだろうと、セッセと撒き餌する・・・二時間余り経った頃チンタが来た・・スワッ!!此れからだと意気込み投げ続けるが後が来ない・・・半ば諦めムードでモウ一本竿を追加して其の侭置くと・・竿が大きく揺れ動いたので大きくあわせるが余り手応えが無い???

リールを二三回巻くと敵は猛烈に走り出した・・・りールが巻けない?・・竿が伸されてパン!!と音を立てて竿先で4号のリール糸が切れて全ての仕掛けがパー、大きくあわした時に竿先に糸が絡んで仕舞った様だ・・
其れにしても何故肝心な時に何時もコウナルノザンネン・・・

気を取り直して仕掛けを作り直して続行するとポツリポツリと飽きない程度に釣れて・・又大きく竿が・・・今度は慎重に遣り取りしてゲットしたのはコレです
e0023183_0444758.jpg

トシナシの50cmに僅か5ミリ足りないチヌでした。
あと5ミリあれば立派なトシナシなのに・・・クックックッ・・・

併しチョウ、メタボで丸々と太った・・我喜に似てズングリムックリの今迄見た事も無いチヌでした。041.gif
大きなボラを切り刻んでノラにやると、満足して毛繕いを・・
他には此のアジも
e0023183_030799.jpg
リール糸を切られなければパーフェクトな釣行だったノニ~~
デモ土産は充分な釣でした。                                   オヤスミヤス
# by tsurigaki | 2009-11-27 00:37 | 釣行記

ヤッパリ敦賀はダメでした。

今日は祭日なので釣りはお休み仕様かと思いましたが、天気も良いので敦賀湾の旧フェリー乗り場へ夜明けを狙って走りました。
目指す釣り場の埠頭は漁礁作りで広場は立ち入り禁止・・他へ回ろうかと思ったが、釣具は此処仕様で他では釣るのはダメ・・竿を出さずに帰ろうかと思ったが諦めきれず、

出入り口の柵を広げて入り込む・・・6時半浮きが見える程度に明るく成って来たのでタップリ撒き餌して戦闘開始、此処の魚は朝が早く、東の山から太陽が顔を出すとオシマイ・・・イライラするがナンニモ・・7時工事の人が来て怒られると怖いので、何も土産の無いまま手ぶらで帰路に・・小浜へ行けばと思ったが時間的に遅いので其の侭家に・・

今年の敦賀は不漁です、同じ若狭でも何故コンナ違いが出るのか不思議です、小浜ももう少し近ければ・・若い頃は毎日通ったが、年と共に段々遠くなる釣り場、来年は近くで釣れる釣り場を探さなければ・・・

オマケ 帰りに鞠山公園の様子を・・相変わらず大勢の人、人・・・小春日和を満喫していた。
                                                オヤスミヤス
# by tsurigaki | 2009-11-23 15:03 | 釣行記
line

後一ヶ月


by tsurigaki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31