★★十八歳で成長が止まった釣り我喜親爺日誌(不定期)★★

tsurigaki.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ドラネコが怒っています。

7日の釣行で釣ったドラのエサの小さなメバルやメンカ「稚鯛」、釣から戻った日「夜九時前」に鱗や腸を抜いて冷蔵庫へ・・・
翌朝目が覚め其の魚の処理を色々考える・・一応ネコのエサとして持ち帰ったので全て野良猫にやる心算でいたが、

色々考えていると夜の酒の肴が無い・・10センチ足らずの魚ばかりだが、釣って一晩冷蔵庫で寝たが未だ新鮮なので三枚に下ろせば一匹で二枚の一口サイズの身が取れる・・其れをテンプラで食べるとドウだろうと思い全て三枚に下ろして

少し濃い目の塩水で軽く洗い、料理用ペーパーに挟んで再び冷蔵庫へ・・身を剥いだアラは井戸端で待ち構えているドラにやると、物凄く不機嫌な顔で渋々食べたが少し食べて何処かへ・・夜六時前小さな身をテンプラにして、

お湯割り片手に食べると・・思った以上にウマイ!!何時もセイゴはオリーブオイルでソテーして食べていたが魚のテンプラは久し振りメバルもメンカも一応白身魚、サッパリとトテモ美味しい、前で見ていた婆さんもドレと、ひとつ摘んで「オイシ」と言う・・

コンナ旨いものノラにやらずに良かったと久し振りのテンプラの肴で酔ったが、ノラは怒って022.gifカッ~~と唸り乍何処かへ・・・ノラよ今度は本当にお前の魚を釣って来るから大人しく待っていなさい。

と言っては見たものの私の釣行はノラのエサ釣か?ノラよお前も主の願いが叶うよう一緒に願っておくれと言い残して・・オヤスミヤス

オマケ・・昨日川魚屋の前を通ると、何時も春先に姉川で釣った琵琶湖のウグイが並んでいる、海ウグイや川ウグイとは少し違う湖産のウグイ・・赤く色付いた婚姻色のウグイは不味いが河口近くで獲れたウグイは赤い色が無くて塩焼きや煮つけ、から揚げと色々食べ方は有るが一番オイシのは活きたウグイのアライを酢味噌に山葵、大葉を小さく刻んで一緒に食べると誰もウグイとは思わない程美味しい。
絵のウグイは色付いているので余り・・・
e0023183_1501345.jpg

他にも色々湖産の魚が並んでいたので・・・パチリ元々の琵琶湖の鮎で今の時期はこの大きさが本当の大きさで大きい鮎は海の鮎から採卵した鮎です、隣の剥きシジミは中国産です、
e0023183_158341.jpg
昔からヒウオと呼ばれている春先の鮎です。
e0023183_152969.jpg

私は何時もこれを持って走ります・・・1キロだと隣の手籠に一杯程有ります、エサ屋で買えば20杯以上です。活きたエビだと値段はグラム200円になります。
e0023183_1525371.jpg

by tsurigaki | 2009-04-09 01:38 | 男の料理
line

後一ヶ月


by tsurigaki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31